土井善晴さんの本「一汁一菜」。お味噌汁にたくさんの具材を入れれば立派なおかず1品に。 | 女性専用 筋トレスタジオ 高知ーサーコス・スタディオンー40歳からの本気のボディメイク

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kir359391/public_html/sarcous-s/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

土井善晴さんの本「一汁一菜」

プライベート編 代表 川村文乃について 色んな本(読書の時間)

土井善晴さん一汁一菜

お友達の紹介で出会ったある方さんに教えていただいた本。

一汁一菜 土井善晴さん

料理研究家である土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」含む一汁一菜シリーズ。

どっぷりとお味噌汁などの汁物の世界にハマってしまった私は、今、夢中でこの本を読んでます。

図書館でも人気で、順番待ちしてやっと手に入れた本。仕事前の30分間読むのが楽しみ。

土井さんの書いてある

    お料理した人にとって「おいしいね」と言ってもらえることは喜びでしょう。・・・<一部省略>・・・
    よく母親の作る料理を「家族は何も言ってくれない。」と言いますが、それはすでに普通においしいと言っていることなのです。

美味しい〜っなんて、家族からあまり言われたことがなく、
別に言われたくて作っているわけじゃぁないですが、それでもたまには

美味しい😋

と、言ってほしいこともあるもんで・・・。

今日の夜ごはん一汁三菜

肉より魚が多くなったり、煮物や味噌汁がメインっぽくなった時にはたまに、

🍖肉が欲しかった。

と、ケンカっぽくなることも多々あるもんで・・・。

しかし、いつも特別美味しいモンではなく、いつも普通に美味しいモンは、

わざわざ「これ!美味しい!」

と言われなくても、毎日朝昼晩、ちゃんと食べてくれてるってことは、美味しいってことなんだ、と思って今日もがんばろ。

サーコス・スタディオンのモットーでもある

毎日の食が自分のを作り、日頃の運動が私の体を強くする。自らの体を自分自身が一番愛し大切にする。

いつもおかずが足りない・・・と悩んでいる方は、お味噌汁などのお汁ものにお野菜・貝類・大豆類なんでも入れて作れば立派な栄養素たっぷりのおかずが出来上がります。

今日の夜ごはん
玄米おにぎりとお味噌汁

しかし、なかなか映えする撮影ができない・・・。撮影のセンスがないのに悩みます。

関連記事

最近の記事

  1. 「人生100年時代に本当の美しさ」「健康美をお届けしたい」その思い…

  2. 筋肉美そして健康美を目指すあなたに、ジムで運動しながらお食事のお話…

  3. 暑さに負けない体作りのカギは、筋肉量にあり。

  4. 梅雨時期の季節だからこそ。運動をしてカラダを動かし気分の落ち込みも…

  5. 梅雨によるだるさ「梅雨だる」には意識的に運動、体を動かすようにしま…

Googleレビュー