まだまだ知らない、ビタミンC。酵素としても大活躍。コラーゲンやコルチゾール、アドレナリンなど。 | 女性専用 パーソナル 筋トレスタジオ 高知ーサーコス・スタディオンー40歳からの本気のボディメイク

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kir359391/public_html/sarcous-s/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

まだまだ知らない、ビタミンC。酵素としても大活躍。

コラーゲン ビタミン 健康美研究所-健康・運動・美容・食事の最新BLOG- 将来健康的な体作り 抗酸化力 栄養素について 活性酸素 老化

補酵素としてもビタミンCは大活躍

ビタミンCは活性酸素を取り除き体の酸化を防いでくれたり、鉄分の吸収率を上げてくれたり、免疫低下を防いでくれたりだけではありません。

まだまだビタミンCの活躍を知っていただきたいことがあります。

アドレナリンの分泌を引き起こすビタミンC

いつもより運動中のパフォーマンスアップがうまくいかないなぁ・・・。


それもしかしたら、ビタミンCの摂取が少ないのかも・・・。

アドレナリンとはホルモンの一種。生命の危機というような状態になったときに出るホルモン。

いつも以上に力が出せる状態になります。

興奮している時などに「アドレナリンが出て~」など言うときがありますが、アドレナリンは脈拍を速めたり、血圧や血糖値を上昇させてエネルギー供給体制を整えてストレスに対抗します。

試合前や大事なテストを受ける前に、運動パフォーマンスを上げたいときなど、ビタミンC摂取してみてください。


コルチゾールと上手に付き合う ビタミンC
嫌なことがあったり、精神的なストレスを抱えたりすると分泌量が増えるホルモン=コルチゾール。

本来のコルチゾールは、朝6時ぐらいから8時ぐらいにピークとなり、そこから下がりまた翌朝になるとピークになるという日内変動を繰り返しています。

しかしずっとストレスを抱えてしまうとコルチゾールが過剰に分泌されずっと高い状態だと、

筋肉を分解してしまったり、パフォーマンスが上がらなかったりします。

また感染症やがんなどの発症リスクの増加につながります。

このコルチゾールが分泌されるとビタミンCが補酵素として使われます。

「今日は疲れている。」「ストレスがかかっているな。」

など感じたら、ビタミンCを多く消費されている可能性が!

ストレスを感じた時、ストレスを感じ前にビタミンCを積極的に摂取してください。


骨の約20%がコラーゲン

コラーゲンと聞くと「肌にいい」「美容」というイメージが強いと思います。しかし美容だけではございません。そもそもコラーゲンとは???

皮膚や腱・軟骨などを作る繊維状のタンパク質。

肌に弾力を与えてくれるだけじゃなくて「丈夫な骨を作ってくれる」という役割もあります。

コラーゲンを構成するアミノ酸の生成にはビタミンCが必要!

コラーゲンによって骨の質を高め、丈夫な骨を作るということは、

骨折などによってのケガを予防したり、肘やひざなどの曲げ伸ばしの関節の動きを滑らかにしたり

と、年齢を重ねれば重ねるほど大切になってきます。

お肌の老化にも骨の老化にも大切なのはコラーゲン。

骨がスカスカで弱くなると「くしゃみをしただけで骨折」や「ちょっと手をついただけで骨折」など若いころでは考えられなかった、ちょっとしたことで骨折の恐れがある骨粗しょう症。

老化現象の一種でにある骨粗しょう症。健康なうちに、まだ体が動くうちに、今らかの予防がとても大切です。

普段からの良質なタンパク質に、コラーゲンに必要なビタミンCを心がけてみてください。


ビタミンCの重要性はわかったけど、1日どのぐらい摂取すればいいの?

またビタミンCが多く含まれている食材って何?

次回はビタミンCの1日の摂取量やビタミンCが多く含まれる食材についてお伝えしてきます。

関連記事

最近の記事

  1. 「人生100年時代に本当の美しさ」「健康美をお届けしたい」その思い…

  2. 筋肉美そして健康美を目指すあなたに、ジムで運動しながらお食事のお話…

  3. 暑さに負けない体作りのカギは、筋肉量にあり。

  4. 梅雨時期の季節だからこそ。運動をしてカラダを動かし気分の落ち込みも…

  5. 梅雨によるだるさ「梅雨だる」には意識的に運動、体を動かすようにしま…

Googleレビュー