肩こりも頭痛も、筋肉不足も血液ドロドロも、筋トレで体の老化を遅らせる! | 女性専用 パーソナル 筋トレスタジオ 高知ーサーコス・スタディオンー40歳からの本気のボディメイク

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kir359391/public_html/sarcous-s/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136
  1. クリニックサンプル4

  2. クリニックサンプル3

  3. クリニックサンプル2

  4. クリニックサンプル1

クリニックサブタイトル

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

  1. クリニックサンプル4

  2. クリニックサンプル3

  3. クリニックサンプル2

  4. クリニックサンプル1

肩こりも頭痛も、筋肉不足も血液ドロドロも、筋トレで体の老化を遅らせる!

健康美研究所-健康・運動・美容・食事の最新BLOG- 将来健康的な体作り 筋トレって大事ですよ。 筋トレは心も変えてくれます。 美容について 老化 肥満

筋トレで老化を遅らせる

 今から10年後の自分を想像したことありますか?

10年後の自分はどうなっていると思いますか?

厚生労働省が発表している「簡易生命表(令和4年)」によると、2022(令和4)年の日本人の平均寿命は男性が81.05歳、女性が87.09歳

今このブログを読んでくださっている皆様の大半が今から10年後もまだ平均寿命の年齢にはなっていないと思います。40代50代の方もいらっしゃれば、20代とまだお若い方もいると思います。

ナンダカンダまだまだ体が動く年齢。多少の不調があっても、仕事を休むことなく普段と何も変わらない生活が送れている・・・。

体の不調を見逃さないで

10年後も20年後も、平均寿命の時には健康的でいられるためにも、今その「ちょっとした不調」を見逃さないで。

 血液ドロドロ・体温が低い・夏も冬も冷え性

血液ドロドロ、筋トレで血流をよくする

血液中にコレステロールや中性脂肪などがたまりそれに加えて、尿素窒素や尿酸などの老廃物がたまって血液がドロドロの状態=血の流れが滞る。=血の流れが悪いって怖いことなんです。

コレステロールや中性脂肪、健康診断で引っかかってる!

って方は、

今、不調もな~んもないし、平気平気。

血の流れが滞っていると、せっかく体にいい食事を食べてもその栄養素が体内に運ばれにくくなります。→疲れやすい身体に・・・。それだけじゃなく、

血が滞り血流が悪くなると脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)、潰瘍(かいよう)になる可能性も。

血管の健康には日ごろの運動がとても大切。

筋肉を動かして、強い血管をつくる運動習慣をに身に着けましょう。

冷え性の女性

え???私、夏も冬も足先も手先も寒く、冷え性なんだけど!

そうです、冷え性も血流が悪くなることで起きる一つの症状です。

冷え性は血管が収縮して血液の流れが悪くなりやがて血液ドロドロに。血液の流れが滞ります。

上記にも書いた通り血液の流れが滞ると、外から(食事から)摂取した栄養素などが体中に行きわたらなくなり、溜まっていった老廃物も排出されなくなり、いろいろな不調がではじめます。

血の巡りが悪いだけで、体には悪循環。

仕事ではデスクワーク、家に帰ったらダラダラとテレビなどを見てるだけ。

血の流れが良い身体作りを心掛け、基礎代謝アップのためにも、その30分・1時間を使って筋トレしてみてください。

血流が悪いのは、これだけじゃない!まだまだこんな不調に悩んでいる方いませんか?

つまづきやすい、疲れやすい、姿勢が悪い。
  • 頭痛持ち。季節の変わり目には特に頭痛がひどくなる。
  • 肩こり・首コリが年齢を重ねるごとにひどくなってきた。
  • 姿勢も悪くなり、腰が痛い。

など、年を重ねるごとにドンドンと悩みが増えていく体の不調。

無理な姿勢の維持、長時間のパソコンやスマホを使用する姿勢などで、筋肉が緊張して血流が悪くなると、頭痛の原因に。
普段から頭痛持ちで薬飲むと楽になるから大丈夫~。

なんて言ってたら、脳の血流が悪くなって最終的には脳出血や脳梗塞になる可能性もあります。

  • 平坦な道を歩いているだけなのに、ちょっとしたことでつまずく。
  • 歩いているとこけそうになって怖い。

↑当ジムにお越しいただいているお客様にヒアリングしている時にもよく出るお話です。

脳の血行が悪くなれば脳は衰え、縮んできて、運動神経の機能が低下していきます。

ここでいう「運動神経」とは、脳などの神経が体の神経回路を通して筋肉に指示を出します。

筋肉にその指示が伝わり「指示した通りに体を動かすこと」ができれば運動神経が良いことになります。

脳が衰えてくると自分の思うとおりに体を動かしずらくなるという事になります。血流が悪くなりそれをほっとくと〇〇年後に向けての老化スピードが止まらない・・・。
また運動神経だけではなく

筋肉の低下がつまずく原因に

ただ歩いているだけなのにつまずきやすいという事は、足を持ち上げたりする筋肉が落ちてきているという可能性もあります。なのですり足になっているということです。

体の全体の筋肉の約60%~70%が下半身に付いていると言われています。

年齢を重ねるにつれ筋肉が細く弱くなると今まで支えてこれていた体重を支えきれなくなり、その重さがそのまま膝や腰にかかってきます。=膝痛や腰痛が発生しやすくなります。
年を重ねていくと仕方がないこともありますが、筋肉の衰えというのは怖いものです。

老化と言うのは筋肉の衰え。老化を少しでも遅らせるためには筋トレが必要です。

老化のサインが出てきたら、1週間に1度30分でも1時間でも筋肉を太く大きくするためにトレーニングをしてみてください。

まずは体験から。

関連記事

最近の記事

  1. 下半身の筋肉は、全身の筋肉の約70%。下半身を鍛えて基礎代謝UP。…

  2. なぜ運動後にプロテインが大切なの?

  3. 4月休業日 & 予約済みの日をお知らせいたします。

  4. 横から鏡を見た自分のシルエット、え?なんか私、老けてない?

  5. パーソナルジム×料理教室の夢に向かってー料理教室に行ってきました。…