健康 / 体力維持 / 体力増進 のために筋力トレーニングを週2~3日行うことを推奨 by 厚生労働省 | 女性専用 パーソナルジム アンチエイジングスタジオ 高知ーサーコス・スタディオン

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kir359391/public_html/sarcous-s/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

健康 / 体力維持 / 体力増進 のために筋力トレーニングを週2~3日行うことを推奨 by 厚生労働省

パーソナルトレーニング ロコモティブシンドローム 健康美研究所-健康・運動・美容・食事の最新BLOG- 将来健康的な体作り 筋トレって大事ですよ。 筋トレは心も変えてくれます。 肥満

バランスの良い食事を摂り、多くのエネルギーを消費するために運動し、一人ひとり自分の足で歩き続けることができる健康美を目指す取り組み。

平成元年に制定された「健康づくりのための運動所要量」からはじまり、2013年に健康日本21(国民が主体的に取り組める新たな国民健康づくり対策)がスタートしてから10年が経過。

2023年11月に「健康づくりのための身体活動・運動ガイド 2023」制定されました。

安静にしている状態よりも多くのエネルギーを消費する、骨格筋(自分の意志で動かすことができる筋肉)の収縮を伴うすべての活動

(出典:厚生労働省)

どうして国は回りくどいわかりずらい言い回しをするのだろうか(笑)と思うのですが、言いたいことは

  • とにかく歩きましょう。20歳~64歳までは男女ともに1日8000歩以上、65歳からは1日6000歩以上は目指そう。ちょっとそこの距離は車をやめてウォーキング!
  • 体を動かす運動を習慣化しよう。
  • これまでのガイドラインには筋トレに関する記述はなく、今回のガイドライン案で新たに推奨されることとなった項目である。
運動習慣をつけよう
「運動習慣のある人」とは、1回30分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している人。

子育て真っ最中、働き盛りの年齢である30歳~。自分の時間がなかなか持てず余裕がない世代が運動習慣が低いという結果に。

そもそもなぜ???国は「体を動かそうよ」って推奨してるの?

それは年齢を重ねるにつれ運動不足によって起こりうる「高血糖」「高血圧」「脂質異常症」「心筋梗塞」・・・などの症状を予防し、介護を必要としない健康的な心身を目指すためです。

ミドル世代である35歳~、そして55歳からのシニア世代である私たちだからこそ運動が大切。

厚生労働省 筋トレ
筋力トレーニングって何?

筋力トレーニング(筋トレ)とは、負荷をかけて筋力を向上させるための運動。
自分の体重を負荷として利用する自重トレーニング(例:腕立て伏せやスクワット)や、ウエイト(おもり)を負荷として利用するウエイトトレーニング(例:マシンやダンベルなどを使用する運動)があります。

筋トレをすることにより筋肉を太く大きくすることが目的で、年齢に関係なく何歳からでも鍛えることができます

筋トレは、
「時間が30分しかない!60分しかない!」時間があまり取れないあなたに、そして、
「ダラダラではなく効率よく体を強く健康的にしたい」方に特におすすめなんです。

しかし、国内で筋力トレーニングを実施している女性の方は・・・、

日本における筋トレ実施者の割合。
運動習慣も少ない傾向にあるのが30歳~49歳。筋トレを実施している割合が低いのも30代~40代~。

筋トレを実施しることにより筋力・身体機能および骨密度が改善し、高齢者では転倒や骨折のリスクが低減することが示されており、わずかな時間であっても心血管疾患全がん、糖尿病の発症リスクは低い値を示すことが報告されいます。
筋トレを実施することはボディメイクや運動器障害だけではなく、生活習慣病の発症や死亡リスクの低減につながる可能性があります。

まだまだ健康でい続けたい、今ある楽しい生活を維持したい、まだまだ働き続けたい方へ。

10年後・20年後の老けない自分の未来のために、忙しい毎日から週1~2回の45分~60分だけでも自分の運動時間にあててください。
筋トレは幸せホルモンの分泌も促進
筋トレって幸せホルモンである「セロトニン」が増えると言われています。

脳の興奮を抑え、心身をリラックスさせる効果があり、心のバランスを保ち、自律神経を整えるなどの働きがあります。

更年期に減少すると言われている幸せホルモン「セロトニン」。ゆううつな気分になったり、イライラしたり、やる気が出なかったり・・・、セロトニン分泌を活発さすためにも「40歳からの筋力トレーニング」がおすすめです。

関連記事

最近の記事

  1. 「人生100年時代に本当の美しさ」「健康美をお届けしたい」その思い…

  2. 筋肉美そして健康美を目指すあなたに、ジムで運動しながらお食事のお話…

  3. 暑さに負けない体作りのカギは、筋肉量にあり。

  4. 梅雨時期の季節だからこそ。運動をしてカラダを動かし気分の落ち込みも…

  5. 梅雨によるだるさ「梅雨だる」には意識的に運動、体を動かすようにしま…

Googleレビュー